白衣をファッションで選ぶ~病院でも自分をDesign~

職業を表す

機能性やファッション性のの向上が進んでいます

社会にある様々な職業にはその職業を特定するための特徴があります。調理関係者や研究者、医療従事者に共通する特徴を挙げるとすれば着用している衣服が白衣であることでしょう。白衣は衛生上の注意が必要な職種で古くから採用されてきた制服で、名称の通り白色系統をしていることが一般的ですが、必ずしも色彩自体に制限がある訳ではありません。 白衣は様々な場面で制服として活用されている訳ですから、白衣にもファッション性の向上が望まれていました。特に近年では医療関係者には患者を安心させるための手段として親しみのもてる白衣が求められて改良が進んでいます。また、白衣は作業着としての一面があるため、動きやすくて一層の効率化に役立つ機能性の白衣の開発も進められています。

白衣は作業着ですから消耗品です

白衣は伝統的に十分な強度のある材質で作られています。これは白衣が職業の象徴としての衣装ではなく第一に労働現場における作業着として利用されてきたからです。そのため、長期の着用は勿論、薬剤等にも十分な耐久性のある素材が採用されていて、現在はポリエステルや綿が一般的です。 衣類の一種ですから白衣は衣服を取り扱っている業者で購入することが可能です。しかし、常時の着用が必要で汚れれば即座に洗濯や交換が必要なため、大量に常備している必要性が高いため、衣料品を取り扱っている店舗で確認しながら購入するのではなく、所属している職場等から出入り業者に一括して注文することが多く、個人で購入する時は通販等から購入することが一般的です。