白衣をファッションで選ぶ~病院でも自分をDesign~

現場によっては義務

診療科によって義務化する病院も

現在は医師や看護師は白衣というイメージが崩れつつあり、白衣よりも医療用スクラブを着用する医療従事者が増加しており、推奨する病院も増加の傾向にあります。 小児科などの子供の患者を診る事の多い診療科の場合は特に医療用スクラブの導入が盛んで、子供は白衣を怖がったり緊張する事が多く、特に病気が長引いて入院している子供の患者に多いため小児病棟で働く医療従事者はピンクや黄色などの明るい色の医療用スクラブや子供が親近感を感じる動物のプリントされた医療用スクラブや星やハート、花柄などのプリントされた医療用スクラブを着用する医師や看護師が多く、子供の患者が緊張せずに正しい検査数値が出る、安全に診察できると好評です。

一般の方にも認知されるスクラブ

昔は白衣が一般的だった医療従事者のユニフォームですが、医療用スクラブに変わりつつあり一般の方にもその存在が認知され始めています。 アメリカでは看護師も医師が常識でアメリカのドラマを見る方には昔から認識している方が多く、最近では日本でもスクラブを着る医療ドラマが増加しており一般的に認知度が高まっています。 高齢の方や一部の男性からは特に看護師のスクラブは不評な事も少なからずあり、高齢者が多い病院ではまだ白衣の着用率が多い傾向にありますが、緊急時の災害や緊急患者が搬送された場合の救急対応をする場合は圧倒的に白衣よりも機能的で動きやすいサポート機能のあるスクラブが優れており、災害時の場合は病院の名前がプリントされていると混乱しないため導入が急がれています。